【中学講座】スマイルゼミの漢字はどう?

小学講座のスマイルゼミは漢字がとても良くて、
これを期待して中学講座に進んだという面があります。

スマイルゼミは、全般的に小学生のうちはほったらかしではダメな媒体。

中学生ぐらいになれば、自発的に勉強をしてくれるようになり、
わからない所を自分で調べたり聞いたりできます。
なので中学ぐらいからスマイルゼミは使い方によってはとってもコスパのいいものになります。

我が家もそんな感じで、小学生の下の娘はスマイルゼミ辞めさせました。

だけど、中学に入った兄はまだ向上心がありましたのでスマイルゼミは続けることにしました。

そこで初めて中学講座を開いてびっくりしました。

「小学講座とぜんぜん違う!?」

それは良い意味でです。

スポンサーリンク

スマイルゼミで学習できる漢字

  • 漢字の練習(インプット学習)
  • 漢検ドリル(アウトプット学習)
  • 単語カード(アウトプット学習)

この3つのカテゴリーで勉強できます。
簡単に説明すると、

漢字の練習

「国語」のタブの中に入っている漢字学習です。
一文字一文字学習できます。

漢検ドリル

これは小学講座と全く同じものです。
小学講座からデータを移行しておけば、そのままのデータの履歴状態になります。

単語カード

こちらのカードは、練習問題風になっておりまして、「読み」→「漢字」で書く問題になっています。
間違えたり答えられなかった問題は、「ニガテカード」に登場します。

漢字の練習

「国語」の中にある「漢字の広場」をクリックします。

練習した漢字をクリックします。

小学講座の漢字学習とほぼ同じです。

このように、教科書順に習える漢字はとても効率が良いです。

中学になると圧倒的に漢字学習が簡素化され、問題集もほぼ売っていない状態の中、このように丁寧に学習できるのはとっても良いと思います。

漢検を取りたい方は、このスマイルゼミ一台で、学校の漢字学習をしながら漢検も勉強できるという、コスパのいい学習ができます。

これは英単語も同じです。そいった面ではとてもスマイルゼミは良いです。

漢検ドリル

漢検の学習ができます

こちらは小学講座の漢検学習と同じです。
中学でもそのままデータが引き継げるようです。

項目ごとに学習が分かれております。

漢検学習は、学年を超えて無学年に学習できます。1学年ごとの漢字まるごと出題されますので、
習った漢字のみ学習したい時には使えません。

また、この漢検ドリルは、問題をすべて解ききってからしか回答が見れないのです。
子供だけだと、この回答は多分見ません。
子供だけでやらせた場合は、「間違えたけどとりあえずやった」状態になります。

なので普段の学習にはちょっと向いていないのかなーと思います。
親が最後に間違えた所をチェックしなければいけません。

正直、比べるのもなんですが、私はDSの漢検トレーニング2のほうが良いです。
DSの漢検トレーニング2は、間違えた所のみ学習することも可能ですし、回答も即見れるのです。

ただ、文字認識がスマイルゼミより厳しい時あります。汚い字の人はイライラしますけど。

単語カード

単語カードの漢字は中3まで学習可能です。

教科書の順で学ぶことができるのが嬉しいですね。

カタカナ→漢字の学習ができます。

手書きで書いて、文字認識します。

英単語同様、汚い字を書いてはきちんと変換してくれません。

また、ちょっとデメリットなのですが、こういった文字認識させるものは、細かい漢字のまちがいを認識せず、間違えた漢字でも正しい漢字に変換してしまうとことがあります。

手書きに勝る学習は無いということなんですがね^^;

間違えた漢字は「ニガテカード」へ自動的に登録されます。

各科目300個まで溜まっていきます。
間違えた箇所だけをひたすら学習することが可能です。

まとめ

スマイルゼミ漢字学習のメリット
  • 教科書順に学べる
  • 書き順が視覚で学べる
  • 漢検も学べる(漢検も無料で受けられる)

漢字の学習は項目ごとにあっちこっち分かれていますが、
それぞれ特徴がありますので、インプットとアウトプットで学習できて効率が良いです。

また、なんと言っても、英単語も同様ですが習う順に漢字を覚えていけるのが最強です。

市販のドリルで教科書順に学べる漢字ワークなんて中学のものは売っていませんので。(私が調べた限りでは。)
市販のドリルで漢字の勉強をしたい場合は、漢検の4級のドリルを買ってくるしかありません。
でも、教科書順には学習できませんので。

また、漢検を受けられるのもいいかなと思います。
漢検なんて無料じゃなければ受けに行かないと思うので。
我が家も小学講座の時に6級を受験しました。ちょっとした経験になるのでいいかな、と思います☆

スマイルゼミの英単語の学習も載せていますので、ぜひ見ていってください!

タイトルとURLをコピーしました