子連れバンコク旅行記。ドンムアン~子供の反応【1日目】

昨日の夜に関空へ到着し、仮眠室で1晩を過ごした私たち。
子連れということもあり、結構ハードな夜でしたが、なんだか面白かったです


さて、チェックインカウンターに5時半ちょうどに並びに行ったら、ちらほらすでに並んでいる人が。
私たちも列に並び、子供達は初めてのパスポートを持ってドキドキ。

ノックスクートなので、飛行機の座席はどうなるか不安でしたが、特に離れ離れになることなく座席をゲットできました。良かったです。下の子は離れ離れは絶対嫌や!って言うてましたので(^^;そらそうやわな。
しかしHISの力でしょうか。だけど、念願の窓際に座ることはできませんでした。

以下お好きな所へ飛んでください♪

スポンサーリンク

朝ごはんを食べにマクドへ

朝ごはんはマクド。チェックイン後中に入ってしまえば高いお店しかないので朝マックを。

両替

両替は、HISの割引池田泉州銀行がお安くなります。(日程表とかコピーするときに一緒にプリントアウトできます。)どんだけ割引になるか書いていないので、行ってからのお楽しみです。

税関

準備ができたらいざ出発。

荷物チェックではペットボトル類は捨てなければいけません。
久しぶりの海外でドキドキ。

自動化ゲート

最近は自動化ゲートなるものができていて、簡単に通ることができるようになっています。
ですが、1人1人でする為、子連れには向いていないのかな、と思っています。
また、パスポートに出国スタンプが付かないらしく、スタンプが欲しい人は厳しいですね。
後から言えば貰えるって聞きましたが、友達は別の国ではできなかったって言っていました。

税関を抜けた後

何事もなく無事税関も抜けて、何もかも初めての子供達はとっても楽しそう。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_0614_LI-500x375.jpg です

少し子供の遊べるスペースがあります。
朝早かったので、お店は全く空いていません。特に免税店へ行く予定が無かったので全く問題ないです。もし免税店行きたいっていう方は時間的に厳しいと思います。7時頃からやってるお店が多いです。搭乗ゲートにもちっちゃいショップがありますが。

子供らはテンション高い。

出発ゲートへ

まだまだ時間がありましたので、眠くて横になりましが、寝れません。
小さい免税店があります。

ノックスクート

私はLCC初めてでした。

  • 機内食がない
  • 水も有料。機内食、高い。カップラーメンもあり。
  • 少し寒い(毛布レンタル有料)

LCCは超寒いとの口コミでしたので、ライトダウンを用意しておりましたが、ギリギリ無しでも過ごせました。でも半そでは無理です。

子供達の初飛行機、とっても楽しそうでした☆飛び立つ瞬間もワクワクしているのは私たち家族だけ。
他の方は速攻寝ていました。

窓際じゃなかったのが残念でしたが、途中トイレに立って、窓を覗いたら、とってもきれいな景色が広がっていて、娘が「すごーい!」って感動していました。こういう経験もなかなか印象に残ります。
かえってから地図みて、「窓で見た景色はここやったんかなー」って話します。

機内で昼食

8:30出発の便です。お昼がかぶってしまいますので何か食べたいです。が、とっても機内食高いです。
何とか子供達の分だけはと、ラップのサンドとジュースを注文しましたが、2食分で1600円ほどしました(@_@)
他に見渡せば、昼食を頼んでいる人がほとんどいませんでした。見るとお弁当みたいなのを食べている人がいます。持ち込み禁止なのですが、どうやって持ち込んだんだろう。また水も持っています。水もノックスクートは持ち込めませんが、どうやら空のペットボトルに搭乗ゲートで水を汲むらしいです。でも隠して持っていかなければなりませんよね?わからないですが。

とにかく、機内でたべておかないと、バンコク着いた後に食べる時間はありません。遊ぶ時間が減ってしまわないように、できることは済ませておきます。

LCCは寒いとの事

LCCは寒いと聞いていたので、ライトダウンを持参していました。軽いし温かさも調節できるのでとっても良かったです。実際は長そでのカーディガン程度で大丈夫でしたが、毛布は有料ですし子供達は寝る時はライトダウンあったほうがいいかなと。もし1日目で風邪ひかれると最悪ですからね。

ドンムアン空港到着!税関すごすぎ

税関、、、、人人人だらけ。どこに並んで良いのかわかりません。
レーンが3レーンあるらしく、タイ人用・中国人用・その他 らしいのですが、書いてる英語が読めないのでわかりません。全部の列に日本人らしき人が並んでいて、どれが正解がわかりません。
列もはみ出して、いったい何時間かかるんやってくらい後ろの方に並んでおりましたが、いきなりダダダっと列が向こうの方に流れって行ったので、何や?と思ったらどうやらゲートが沢山増えたようでなだれこんでいました。その流れにのって進んでいくと、何と1番前に並べました!!すごい!!

それで無事素早く税関を通り抜けることができました!嬉しい!
荷物を取って出口へ。それでも到着から約1時間はかかったと思います。

ドンムアン空港の両替

ドンムアン空港の両替は、税関の前にも2軒ほどありましたし、出てからもありますが、全部同じレートでした。私はバンコクに着いてから両替したかったですが、両替する時間があるかどうかもわからないので関空で両替していました。結果ぜんぜん両替する時間はありましたが、これは人それぞれどうなるかはわかりません。税関の行列見たら両替する気も失せますが。

もし個人旅行の方は出てからでも遅くありません。誰も並んでいませんでした。セブンイレブンの前に両替あります。(HISの集合場所)

HISの方お迎え

出口へ行くとちゃんとブルーの服を着たHISの方が立っていました。1番乗りでした。
まだ何名かいらっしゃるので待ちます。すぐ横にセブンイレブンがあるので見に行きました。売っているものが違うのでタイに来た~って感じになります。機内で食べなくてもここで調達しても良かったですが、実際時間があるかどうかわわらないですからね。

帰りは各自で帰る

HISのお迎えは行きしなは無料でしたが、帰りはオプションとなっています。帰りは+2000くらいしたと思います。今のプランですと、行きと帰りの送迎セットで4000円となっていました。これって私たちですと4000円×3人=12000円となります。さすがにタクシーでも片道2000円もかからないので、オプションは使いません。格安旅行の意味がありません。

バスもあります。

また、スーツケースじゃない方、もしくは小さいスーツケースの方はバスがおすすめです。

A1バス (空港~BTSモーチット駅)
運賃:30バーツ
運行時間:7:00~24:00
運行間隔:およそ10分ごとに1本

120円以下で乗れるなんて!でも注意することは「モーチット駅」までですので、そこから電車に乗って移動します。
タイ語がわからないのでどこで降りるのががわからない所がネックです。集金のおばちゃんが優しく教えてくれると思いますが。またみんな同じ所で降りるでしょうし。
初バンコクならハードルが中々に高い選択となっておりますが、結構メジャーなルートでございます。

鉄道でバンコク入り

こちらは中々上級者です。終点ファランポーンまで行けます。
バンコクセンターホテルはファランポーン駅ですので、とってもマッチしています!


ですが!まず、電車に乗るステップがとてつもなく高いのでスーツケースを載せるのに大変な思いをします。女性だとキツイです。なのでこちらも荷物少ない方用かなと。でも乗せられればそのあとは大丈夫です。私はヒーヒー言いながらなんとかのせる事ができました。

それと、電車の来る時間まで待っていないといけませんし、バンコクまで1時間かかります。
なので、時間節約となると厳しいです。

あとは切符の買い方を調べたり、駅までの行き方もややこしいんです。ググれば出てきます。
料金は20Bです。もっと安い車両もあるらしいですが。

ってことで、私は次回子連れの場合は結局タクシーかな?渋滞していなければ2・30分で着きます。タイムイズマネーです。早くついて色々体験したいです。

待ち時間に間に合わない客

てことで待っていましたが、なかなか来ません。どうやらあの長蛇の列に引っかかっているようです。団体客のようです。正味1時間ほど待っていました。でも来られないので出発しますとのことで、ようやくホテルに向けて出発

乗れなかった方は自力でホテルに向かう事になりました。その方には申し訳ないですが、1時間待った時間、もったいない~。こんなに待つんだったら自分でホテル行くしって思いましたが、やっぱりこういう所がツアーのデメリットとなりますね。

税関は飛行機が到着次第、速攻猛ダッシュで税関へ行くことをお勧めします。
一度ニュースで5時間待ちっていう、どえらい日があったそうです。すごいブーイングだったそうです。でも今回の税関も3時間待ちくらいの列だったんじゃないかなと思いました。

私みたいにラッキーを狙うのも有りかもですが。。。下手に真ん中のほうに並んだほうがゲートが増えたときに列に並べないですし。難しいところです。

ホテル到着

無事にホテル到着。安いツアーなので期待せずに行きましたが、意外と良かったです。普通のホテルです。HISの方がちゃんとチェックインしてくれました。とても子供にフレンドリーでした。

ポーターの方が荷物を持って部屋まで案内してくれます。

すると、まだお部屋が掃除中でしたので少し待っていました。
掃除している方は素足だったのでびっくりしました。絨毯なので気持ちよさそうですが。

だいぶん疲れていたのでゆっくり休憩したいところでしたが、夜はニューハーフショーの「カリプソ」へ行く予定していましたので、早く用意しておかなくてはいけません。ですが、一つトラブル発生しました!

ニューハーフショー「カリプソ」

ベルトラで申し込んだのですが、私はスマホを見せれば良いと思っていましたが、何やらバウチャーという紙を見せなければならないのです( ゚Д゚)え・・・どーすんねん!頭真っ白。
家で申し込みしてたらコピーできたのですが、行くのか迷っていたので関空で申し込みをしたんです。それで紙がいる事に気づいたのは今。どーしよーって焦ってしまったのですが、こういう時は強い味方インターネット検索。Q&Aを見つけました。そこには「ホテルでFAXしてもらったらええ」って書いていました。https://support.veltra.com/jp/support/article/can-i-send-a-fax-to-the-hotel-because-i-forgot-my-reservation-ticket-voucher-uppapmihw98r/?

これで一か八かホテルにfaxを送りました。そして10分後にロビーに行って、fax届いてませんかと聞いてみたら、なんと、ちゃんと届いていました!よかったーーー!この安心感は半端ないです。無事カリプソに行けそうです!

このやりとりで小一時間を要し、やっと外に出ることができました。

地下鉄に乗って晩御飯&お買い物

初個人行動。少しドキドキ。地下鉄はすぐそこにあります。地下に降りると、刃物を持っていないか検査するゲートを通らなければなりません!中々厳しくなっています。無事と通ると切符を買います。

切符の買い方がまた全く分かりません。なので窓口に並べば行先を言えば良いので簡単です。ただ、窓口は結構ならんでいます。オセロみたいな切符をもらいます。

サムヤーンへ

隣駅のサムヤーンに来ました。ショッピングモールです。スーパーに寄って、晩のおやつを買いました。また、ちょっと早めの夕食、ソンブーンへ行きました。

プーパッポンカリーがとっても美味しくて大満足。ちょっと合わないお味もありましたが。あと油っこかったのでちょっとだけ苦しくなってました。

圧倒しすぎてプーパッポンカリーの写真撮り忘れました(@_@)

チャーハンと揚げ春巻き
チャーハンと揚げ春巻き

ニューハーフショーへ

もうそろそろニューハーフショーへ向かわなければいけません。ちょっと食べ過ぎで苦しかったので、トゥクトゥクで行く事にしました。

サトーンの船着場から船に乗ってカリプソまで行きます。カリプソまで船は無料です。でも、結構並んでいて、間に合うか不安になります。

初トゥクトゥク

初トゥクトゥクは結構ドキドキしましたが、とっても快適&楽しくてスリル満点でした!

サトーン船着き場へ

明日のHISツアーの集合場所でもあります。ここから船に乗って「カリプソ」があるアジアティーク・ザ・リバーフロントまで行きます。看板に書いてあるので列に並びます。送迎無料のお船です。船が来るまで結構待ちました。20分ほど待ったと思います。その時によってすぐ乗れる時と乗れないときはあると思います。船に乗ってまた20分ほどかかりますので、あまりギリギリな時はタクシーで行った方がいいと思います。

アジアティーク・ザ・リバーフロント 到着

 アジアティーク・ザ・リバーフロント
アジアティーク・ザ・リバーフロント

無事到着しました。船だけでもなかなか楽しかったです。
アジアティークは結構人がたくさんいて、お店もめっちゃ沢山あってにぎわっています。
「カリプソ」は船着き場から一番奥の方にあります。きっと迷いますのであらかじめ場所は確認しといたほうがいいと思います。

日本では見かけないお花
日本では見かけないお花に思わずパシャリ

まだ始まるまでに時間があったので、お土産物屋さんを物色します。売っているものすべて目新しくて楽しいです。ここでは子供のTシャツを買いました。150Bほどでとてもかわいくて安いです。生地もしっかりしていました。色々お店がありますので時間つぶすには困りません。

娘が疲れと緊張でヤバイ。。。

ただ、娘がかなり疲れていました。日本帰りたいって・・・・・。え、来たとこやで!
まぁまぁちょっとまって、これから楽しい楽しいニューハーフショーよ!疲れも吹っ飛ぶで!元々娘が行きたい!ってずっと言ってたショーだったので。・・・何とか向かいます。

カリプソ到着!

先ほど苦戦してFAXで送ってもらったバウチャー。ドヤ顔で提出。
すると私たち最前列よぉ!!!めちゃ嬉しい!
多分子供がいるから優遇してくれていると思います。でも一番端っこでしたが。
中に入ると、とっても雰囲気がおしゃれな感じの所でした。ワンドリンクサービスになっておりました。

ニューハーフショーはとっても綺麗な方ばかりで、圧倒されました。特に最初のほうは楽しかったです!
ただ、ショーの構成がマンネリ、というか正直退屈でした。2回目だったこともありますが。
また、日本人向けのシーンがあるのですが、年配向けの演出になっているので、これが一番退屈でした。半分子供も私も寝てました。 (夜1時間しか寝れなかったので。) もうちょっと演出を工夫すればすごいよさそうなのに。って。
昔に行ったマンボーっていうニューハーフショーの方が楽しかった記憶があります。今はどうかわかりませんが。

でも日本では中々見れないですので、とっても思い出に残ったし、見ていない方はおすすめです!

カリプソ・キャバレー(Calypso) ニューハーフショー<現地集合・解散 or 往復送迎/日本語ガイド付き>*送迎なしなら当日15時まで予約可! | バンコクの観光・オプショナルツアー専門 VELTRA(ベルトラ)
絢爛豪華な美の競演!女性も驚く、見応え抜群のバンコクNO.1老舗キャバレーでのニューハーフショー!ミスターレディー、ニューハーフなど女性以上に女性らしい男性や元男性が繰り広げる歌とダンス、美と笑いがMixした究極のエンターテイメントです。

娘がヤバイ!

この後、本格的に娘がしんどくなってきて、「早く帰ろう」連発でした。でも息子と私はもっと買い物がしたくて「ちょっと待ってや」言うてたんですが、いよいよ顔がやばくなってきて、これは帰らねば!となり、船着き場まで行きました。でも船乗るのにすんごい数の人が並んでいました。娘はしゃがみこみ、「気持ち悪い」言うてました。

相当疲れてたんやなって。夜油っこいもの食べたし、寝不足やし。しかも意外と気を使い屋さんなんで、色々と環境の変化に耐えきれなかったんやと思います。何とか船に乗り込み、ゲロ吐かないかめっちゃ心配やったんですが、無事サトーンまで帰ってきました。ここから少しベンチにすわって休憩しました。そしてタクシーはヤバそうなんでトゥクトゥクで帰りました。
トゥクトゥクは外の風が気持ちよくて、着く頃には娘も少し回復していました。

かわいそうでしたが、ホテルに帰って安心していました。たっぷりギューしてあげました。にっこり笑ってお布団に入っていました。明日大丈夫かなぁ・・・?ちょっと不安ですが。明日はHISの無料ツアーです。日本人がいっぱいで安心感のあるツアーだと思います。

ちょっとかわいそう・・・

さっき買ったお菓子を食べ比べ

息子はまだまだ元気でしたので、テスコロータスで買ったお菓子の食べ比べをしていました。
少ししか買っていませんが。

コーゲー タイのお菓子
お菓子食べ比べ

とっても充実した1日でした。

娘以外は2人とも楽しんでいました。一番私が楽しんでいると思います。
17年前のイメージとは全然変わっていました。

また明日は未知の世界ですが、娘の事も少し気遣いながら行かなければ。
体は疲れましたが、明日の準備をばっちりしてから眠ります。

娘がどうなったか・・・また次回に!

タイトルとURLをコピーしました